チャート分析

BitMEX

BitMEX(ビットメックス)でテクニカル分析を使ってみよう!

テクニカル分析とは過去の値動きから今後の価格を予想や分析する手法です。 BitMEX(ビットメックス)で利用できるテクニカル分析は60種類以上と豊富にあります。 描画ツールも用意されているので『何をどう使えばいいのか分からない』と悩むト...
BitMEX

BitMEX(ビットメックス) 10種類のフィボナッチ(Fib)ツールの使い方・設定について

BitMEX(ビットメックス)では10種類のフィボナッチツールが用意されています。 フィボナッチツールを利用することで、ビットコインの価格変化を予想することができます。 今回は10種類のフィボナッチツールの使い方や設定方法な...
BitMEX

BitMEX(ビットメックス) ストキャスティクスの使い方

ストキャスティクスはオシレーター系指標の代表とも言えるRSIと並んで有名なテクニカル指標です。 日本の仮想通貨トレーダーの中でもRSIまたはストキャスティクスどちらかを使うトレーダーが多いです。 そのため、ストキャスティクスの使...
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)でRSIとダイバージェンスを使いこなそう!

RSI(Relative Strength Index)はテクニカル分析の父と呼ばれるJ・ウエルズ・ワイルダーによって開発された短期~中期の相場の状況を把握するテクニカル分析です。 RSIは日本語訳で『相対力指数』と呼ばれており、現在のビットコインの価格が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのか判断するときに使います。 RSIは買いと売りのタイミングがシンプルで分かりやすいテクニカル分析です。
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)で一目均衡表を使いこなそう!

一目均衡表は、新聞社の商況部長を務めていた細田悟一氏が長年の歳月を書けて1936年に発表した純国産のテクニカル分析です。海外でも有名なテクニカル分析である一目均衡表は細田氏のペンネームである『一目山人』が名前の由来となっており、海外では『Ichimoku』として知られています。 元は株式投資に使われていた一目均衡表ですが、現在では海外為替取引やビットコインなどの投資などにも使われており、世界中のトレーダーに広く使われる有名なテクニカル分析です。
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)でMACD(マックディー)とダイバージェンスを使いこなそう!

MACD(Moving Average Convergence Divergence)は1979年にアメリカのジェラルド・アペル氏によって考案されたテクニカル分析です。MACDは移動平均線を発展させたテクニカル分析であり、初心者からプロのトレーダーまで愛用しています。 MACDは日本語で『マックディー』と読み、日本訳は『移動平均収束拡散手法』と呼ばれています。
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)で移動平均線(SMA, EMA)を使いこなすコツやグランビルの法則について解説!

移動平均線とは、一定期間の価格から平均値を計算して、それをなめらかな線でつないだテクニカル分析において使用される指標です。 元々は統計分析で使われていた移動平均線でしたが、金融ライターであるジョセフ・E・グランビル氏によって紹介されたことにより株式相場市場で広く利用されることになりました。今ではビットコインの投資や外国為替相場などでも利用されるポピュラーなテクニカル分析です。
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)でボリンジャーバンドと3つのパターンを使いこなそう!

ボリンジャーバンド(Bollinger Bands)は、移動平均線を発展させたテクニカル分析の指標です。 1980年代前半に金融アナリストであるジョン・A・ボリンジャー氏に考案され名前の由来となりました。 移動平均線と標準偏差を組み合わせて、価格の高値や安値などの変動範囲を予測します。
BitMEX

BitMEX(ビットメックス)でチャート・インジケーター・テクニカル分析の使い方

BitMEX(ビットメックス)では『TradingView』という高性能なチャートツールを使っています。 はじめてTradeing Viewを触るユーザーは豊富な機能に困惑してしまうかも知れませんが、使い倒す事が出来れば鋭い視点で...
タイトルとURLをコピーしました